日本の麺類が恋しかったアメリカ生活

ニューヨークの語学学校に留学するが迷い、イリノイ州のNapervileという都市で2年間留学しました。この都市は充実した図書館に、きれいな公園、おしゃれなお店があり、「アメリカで住みやすい都市No.1」に何度か選ばれたことのある、とても住みやすい都市でした。
アメリカ人だけでなく、世界各地の人々が住んでいたため、色々な国系のスーパーがあり、韓国系スーパーH-martがあったため、日本食の材料の調達には困りませんでした。
基本的になんでも手に入るのですが、うどんや素麺、焼きそばといった、日本ではお手頃料理に分類される麺類が、どれも高いのです。お馴染みの冷凍うどんが日本円に換算すると1玉約100円。素麺も2把で約100円。焼きそばも日本で買う場合の2~3倍の値段がしたと思います。日本だとお手頃料理がアメリカではちょっとした高級料理になってしまい、気軽に食べることができませんでした。
また、お手軽&お手頃料理の代表格であるカップ麺やインスタントラーメンの場合。現地のスーパーには大量に陳列されているのですが、日本とはだいぶ違う味で、ライム風味のものが多かったです。日本で売られているものと同じカップ麺は日系スーパーで手に入るのですが、これまた日本で買う場合の数倍のお値段で買う気になりませんでした。
日本からアメリカに引っ越す際は、お気に入りのカップ麺を荷物に忍ばせることをお勧めします。