アメリカへの留学した際に思ったこと

私は自分で働いて貯めたお金で、アメリカボストンの語学学校へ留学したのですが、アメリカに行ってみて日本人で良かったと思いました。なぜなら、クラスメートで他のアジアから来た人たちは、殆どの人が家族が会社を経営していたりすごく裕福な家庭の人か、勉強が得意で国からのサポートを受けて来ている人がほとんどでした。私の実家は裕福でもないですし、奨学金が取れるほど勉強も得意ではなかったですが、それでも留学することが出来たのは、私が日本人だからだと思います。もし東南アジアなどで生まれていたら、通貨の価値も違いますし、ビザを取るのも大変なので、自分で働いたお金でアメリカに留学するのはすごく難しいことだと思います。

留学した際に苦労したのは英語を話すことでした。読み書きは時間を費やすことで出来るようになりましたし、聞き取りもある程度の時間が経つと出来るようになりましたが、話せるようになるには時間がかかりました。頭の中では分かっていても、すぐに言葉が出てこなかったり、発音がうまく出来ないことが多かったのです。でも一定のレベルを超えたら、自然に話せるようになりましたし、アメリカに留学した収穫は大きく、行って良かったと思います。